(仮)釣りと電子工作 燃料ポンプを変えると左カーブでガス欠症状がでる現象解決 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GWの前半をつぶして旋回チャンバー作ったりしたが、あまり意味が無かった。そもそもJZX110の燃料タンクにはガソリン偏り防止の弁当箱が付いていて、その弁当箱の中にガソリンが入っているので、ガス欠症状なんて出るはずがないのだ。

それにもかかわらず、燃料ポンプ変えたらガス欠症状が出た原因は、

「ストレーナー」

純正のストレーナーは、これ↓くらいの長さがある。



それに対し、変えたポンプ(ちなみにSARDではない)についてきたストレーナーは、これ↓くらいの長さしかなかった。


短すぎる。。。

このせいで、ガソリンが半分以上もあるのにガス欠症状が発生していた模様。ストレーナーを純正のものに戻したら、まったくガス欠症状が出なくなった。

いやぁ、、あぶない、あぶない。あやうくコレクタータンクにするところだった。。。。


【後日追記】
っと思ったけど、やっぱりドリパやエビス南だとガソリンの目盛りが3/4でもガス欠症状が出る。結局燃料ポンプをwalblo汎用品からSARDのJZX110用に換えた。すると!な、なんと、解決した。ガソリン目盛り1/4以下になると、さすがにちょっと詰まった感じになるが、ぜんぜん良くなった!walbloのポンプって東名がOEMとかで使うくらい信頼性が高いやつだと思っていたが、やはりSARDの信頼性には適わないようだ。ちなみに湾岸ランナーに聞いたところ、信用できる大容量燃料ポンプはSARDとBOSCHとGTR純正くらいしかないそうな。











PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新CM
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
[06/02 あんちゃん]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]