(仮)釣りと電子工作 車 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ジムカーナ中に、突然右の前のタイヤがガタガタ言い出して、あれ?バーストでもしたのかな?と思って調べてみたら。。。。



ほらポッキン、テンションロッド



なるほどポッキン、テンションロッド



切断面も、あざやかです。

溶接って、表面しか出来ないんだなぁ。。。純正より太いからって、強いってわけじゃないんだよなぁ。。。。

で、これ、K●Sのやつなんだけど、買ったのは2013年秋。もう4年半も使ってたんっだ。。。

K●Sのアームは寿命2年や定期交換部品とか言われている(本当か?)が、そう考えると
長持ちしたほうだ。。。よくやった!KTS!と言ってやりたい。

ちなみにJZX110用の調整式ピロテンションロッドは他社からも出ているが、色が違って
いたりするぐらいで、造りが同じなので、耐久性も同じようなものらしい。KTSの品質
が悪いわけではない。

とはいえ、これでKTSの足回りが、すべて無くなってしまった。。。

車高調:KTS→買って1か月でガタが出たけど我慢して5年使う→ファイナルコネクション
フロントスタビライザー:KTS→買って2年でポッキリ→CUSCO
テンションロッド→KTS→買って4年半でポッキリ→どうしようかな。。。。

ちなみに、ちゃんと強度計算しているところもあるらしく、どうやらイケヤフォーミュラーの
やつ(7万円、KTSの3倍以上)は、そこらへん、しっかりしているらしい。
でも、本当かな?

やっぱ、信用できるのは、純正ブッシュ打ち換えかな?











PR
先日、Amazonで車のバッテリーを買った。だってホームセンターのよくわからない銘柄のやつが、1万2千円以上するんだから。。。そんなしないだろ?!と思うかもしれないけど、俺のマークIIはD23Rなので、結構高いんだなこれが。で、結局Amazonで聞いたことのないブランドのやつを買った。グロバットで6886円。85D23Rなので、性能的には申し分無さそうだ。

さて、Amazonは廃バッテリーの引き取りをしていないので、これをどうするかが問題となった。相模原市の廃棄物処理場は車のバッテリーやアルミホイールの引き取りを行っていない。粗大ごみとして有料でも構わないから引き取って欲しかったのだが。。。。

ということで、八王子近辺で車のバッテリーを引き取ってくれそうなところを探してみた。そしたら、無料で引き取ります、ではなく、買取します、というところが結構見つかった。車のバッテリーを引き取るようなところは、車のアルミホイールの引き取りもやっている。タイヤ付きでもOKらしい。ならばついでにトヨタナットしか使えない7.5J劇細クソ純正アルミホイールも処分してしまおう、と考えた。

ではどこに持ち込むか、であるが、「八王子 アルミホール リサイクル」でググッて出てきたものから交通の便のよさそうな、マル●ィという店にした。16号線沿いで、東京工科大の向かいあたりにある店なので、すぐにわかるだろう、そう思って特に地図とか印刷せずに現地へ向かった。

。。。ここか?これなのか?マルxxって書いてないぞ?やっぱり違うか?

よく似た感じのスクラップ屋が周辺には結構あって、ぜんぜんわからない。南から北上していって、「ああ、きっとさっきのがマルxxだなぁ。行き過ぎたなぁ。。。どこで引き返そうかな???」と思ったころに、「マルxx」という看板が見えた。なんだ、ちゃんと道から見えるじゃん。

入ってみた。。。。なんだここは?異次元か??廃棄物満載したトレーラーがバンバン入庫してくるし、ゴミ満載した軽トラから作業員らしき人が総掛かりで積荷降ろしていたり、奥ではユンボがバリバリ家電らしきものを潰しているし。。。。一般人が来ていいところなのか?ここは?

と、呆然と入り口付近に立ちすくんでいると、奥から円錐の三度笠のような藁の帽子をかぶった作業員らしき人が近づいてきて、「なに?」と話しかけてきた。この雰囲気、どこかで見たことあるなぁ、と思ったら、ああ、地獄の黙示録で出てきた、あの感じだ。ツナギを着ているが、雰囲気は地獄の黙示録で米軍と戦っていた、あの方たちの感じだ。ひさしぶりにワーグナーを聴きたくなったが、それはさておき「アルミホイールとバッテリー」と答えると「降ろして」と言われた。実にシンプルな会話である。

降ろし終わったころに別の女の人(同じ角笠?円錐帽?をかぶった)が近づいてきて、「おっにさっんこれね」と渡されたのが、これである。


廃バッテリーが1545円って、ちゃんとした値段で売れるんだ!!
ホームセンターで、イヤイヤ引き取ってもらっていたのが、嘘みたいだ!!

ドリケツでバーストしたタイヤつきトヨタ純正アルミも1本1100円。。。
処分費用取られても不思議ではないと思っていたが、これほどとは。。。

合計4,845円になった。処分費用として1000円くらいなら出してもいいかな?
と思っていたので、差額5,845円。。。これだけあれば、ニコマル弁当からアステラス社食のカレーに代えてもお釣りがくる。ちなみにアステラスの社員ではないので、割高なカレーである。でも非常識だよな。年収1千万円台がざらの高給社員が格安のカレーを食えるのに、それより遥かに低賃金の外様民間人が割高のカレーを食わされるなんて。。。今度入ったら社食のおばちゃんに「おまえら頭おッかッしぃんじゃねーの?」て叫んでしまうかもしれない。

ちなみに日によって買取価格が上下するのでご了承みたいなことがホームページに書いてあったので、たまたま今が高値だけなのかもしれない。










自動車保険更新の時期が来た。ずーとチューリッヒに入っていて、レッカー100キロ無料だし、それなりに気に入っていたので、更新しようと思っていたところに、楽天から「おとなの自動車保険」のDMが届いた。レッカー約300キロまで無料ってなっているので、こりゃエビスの帰り道に車が終わっても相模原まで何とか戻ってこれそう!と思ったものの、どうせ高いだろ!と思ってた。

念のため、ネットの見積もり画面で調べてみたところ、思いのほか安い。今入っている保険でチューリッヒを指定したので、本気モードになったのかな??楽天カードを使えば図書券1500円ももらえるらしいので、こりゃええわ、って感じで切り替えることにした。

さて、1週間ほどして契約書は届いたものの、そろそろ1ヶ月という段階になっても図書券は届かない。ひょっとして、あれか?楽天系?に特有?の、文句言ったものだけに送るタイプか???なんか、1ヶ月受け取らなかったら、受け取り資格を失うみたいなこと、書いてあるし(怒)

ということで、サポート窓口に文句をズラズラ書いてみた。そうしたら、、、な、なんと、キャンペーンにエントリーされていないので、受け取れないことになっているとのこと!!なんだよそれ?そんなの知るかよ!!

なにげに楽天カード、気に入っているけど、最悪のクレジットカードとネットで叩く人の気持ちが理解できたような、そんな感じ。

ついでに最悪(極悪)プロバイダーのGMO(こちらは最悪確定)のトラップについても詳しく書こうと思ったけど、文字数多くなったので、また後日。











毎月18日はサンキュー天丼の日。店内は込み合っているので、
店頭で販売されていた390天丼弁当を片手に意気揚々と
橋本駅前を歩いていたら、見た目東南アジア系の外人に
「すみません」と片言の日本語で声をかけられた。
道でも尋ねられるのかな?と思って振り向いたら、
「これみてください」と、これまた片言の日本語で
紙切れを見せられた。そこには、「恵まれない人たち
のために募金を行っています。よろしければ寄付と
署名をお願いします。」みたいなことがかいてあるではないか・・・

スルーした。。。。いや、募金してもよかったんだけど、せっかく
の天丼が冷めてしまうので。。。残念。申し訳ない。

で、後で調べてわかったんだけど、募金詐欺とのこと。100円
くらいなら募金してもいいかな?と思っていても、署名には
みんな2000円~3000円入れているような書き込みが
あって、自分もそれくらい入れなきゃだめかな?と思わせる
らしい。親切な人を騙すのって、N○Kとかと同じじゃん!
と思った。

それはさておき、JZX110なんだが、サーキットのちょっとした
縁石にひっかけたりすると、すぐにアライメントが狂ってしまい、
KTSとかコックピット青梅とかで直してもらっていたんだが、
まあ費用はともあれ、予約したり行くのが面倒くさい。そこで、
自分でなんとかならないか、いろいろ調べてみた。

JZX110のフロントで、調整できるのは2箇所。ロアアーム付け根の
偏心カムボルトと、タイロッドエンドのところ。
(テンションロッドは調整式ピロを入れていたら、3箇所になる。)
で、引っ掛けたときに狂うのは、偏心カムボルトであろう、と
考えた。タイロッドエンドなんて、そう緩むもんじゃないし。

で、そのために必要なのが、19-22のメガネレンチ。角度がついた
やつ(というか、普通ついている)が使いやすい。偏心カムの
ボルト側が22、ナット側が19。なので、19使ってナットを緩めて
22で調整する。これで、とりあえず真っ直ぐ進まなくなったような
症状を緩和することができる。まあ完全に解消させたいなら、
ちゃんとしたところでアライメントをとることだけど、まあ
サーキットでの緊急対応には十分。







最近、チューニングショップとか走り屋とかから、サ○ドと○名の話をよく聞くようになった。東○は悪い話しか聞かない。折れるはずのないパーツが折れたりとか、外観はパーフェクトなのに中身がぜんぜんだめ、だとか。とくにフューエルレギュレータは糞らしい。俺の付けているARMS8280も、カタログには低速からトルクが出ると描いてあるけど、実際のところ純正より遥かに劣る。というか、4000回転以下は軽自動車以下?自転車以下かもしれない。4000回転以上では爆発的な加速をする、超超超超どっかんターボなので、ドリフトには向かない。繰り返す。ドリフト用にはARMS8280を付けるな。向かない。1Jでドリフトしたいなら、純正タービンか、ブロー前提で低速重視のボールベアリングタービンにすべし、と思う。

サー○の噂としては、最近のニセモノはプロでも見分けがつかないらしい。そのくせ性能は最悪。わかっているチューニングショップは、客持ち込みパーツの中に○ードのものがあると、取り付けを断っているそうな。それぐらい、見分けがつかなくて、かつ酷いものらしい。

サー○はレギュレータとかフューエルポンプとか、とても良いものを作っているのだが、買うときはメーカーから直接買わなくてはならない。ヤフオクとかはもってのほか。代理店経由でも怪しい。俺の付けているサ○ドの燃料ポンプは調子抜群。以前ワルボロ付けていたが、調子最悪だった。湾岸走っているやつに言われたけど、信頼できる燃料ポンプはメーカー純正品かBosch製しかないらしい。GT-R用純正燃料ポンプを流用するのって、コストを安くあげることよりも、信頼性を落とさないことの意味が大きいらしい。東名とかTRUSTとか素性のわからないポンプを付けるよりは純正のほうがよっぽどマシってこと。ちなみにサードは信頼できるのか?ということだが、サードはBoschのOEMらしいので、だから品質が高いらしい。

ということで、JZX110のリアスポが格好悪いので外してみた。

まずは、ねじを片っ端から外す。目に見えるネジを全部外したところ、リアスポはグラグラするものの、はずれない。前後に揺らしたり、強く持ち上げたりしてみたが、やっぱりだめ。

では、どうするか???

正解:背筋力測定の要領で、気合入れて持ち上げる。

これに気づくまでに2時間かかった。気づく、というか、最後の手段だったんだが。
樹脂のツメが、がっちり食い込んでいるので、そっとやちょっとじゃあ持ち上がらないんだな、これが。

ちなみにツメは50%の確率で割れます。まあこれは再利用不可部品だろうし、問題ないだろう。というか、リアスポ捨てる前提なので、問題あるわけなし。

さて、外した状態が、こちら。



なんと、取り付けステーがリベット止めされている!
リベットは電動ドライバーでゴリゴリやって外すのだが、このリベットが硬いのなんの。
この硬さ、アルミとか普通の鉄じゃないな。これは超合金か何かだな。

外れた。



ここまでにかかった時間であるが、

スポイラ本体撤去:3時間
リベット撤去:6時間

計9時間


むむむ。。。。このあと穴埋めや塗装するとなると、合計何時間かかることやら。。。


こんな苦労するなら、リアスポなしのトランク買って、ナンバー付け替えたほうがよかったな。。。。










































カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
リンク
最新CM
[03/12 NONAME]
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]