(仮)釣りと電子工作 IT 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[1] [2] [3] [4] [5]
Thinkpad E570を買った。T43以来のトラックポイントだ。いや~トラックポイント、
使いやすいなぁ。。。。あれ?なんか思うように動かない。。。。
マウスを使って6年。もう、トラックポイントは厳しい体になってしまっていた。。。
昔はマウスよりも使いやすかったのに。。。。まあいいや。

で、こいつは当然Windows10なわけだが、PL2303HXのドライバーは入っているが
動かない。
で、こういうときは秋月のv1.5.0を入れれば何とかなることを経験的に知っていて、
試したところ、動くことは動くが、すぐに使えなくなった。
どういうことか、というと、ドライバーを入れても!印のままだけど、
ドライバーの更新で互換性のあるハードウェアを表示させると
秋月のv1.5.0(2011年のもの)が表示されるので、これを選択すると使えるようになる。
しかし、USBの別のポートにPL2303HXを刺すと、デフォで入っている2017年ドライバーに
上書きされてしまう。。。元のポートに刺しても、もう使えない。。。
再度、互換性のあるハードウェアから2011年ドライバーに切り替えると使えるが、面倒だ。

ということで、2017年ドライバーを削除してみた。

まずは、コマンドプロンプトを管理者で開いて、

Microsoft Windows [Version 10.0.16299.192]
(c) 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\WINDOWS\system32>pnputil -e
Microsoft PnP ユーティリティ

公開名:            oem28.inf
ドライバー パッケージ プロバイダー:   BayHubTech
クラス:                     記憶域コントローラー
ドライバーの日付とバージョン:   08/08/2016 1.1.1.1014
署名者名:               Microsoft Windows Hardware Compatibility Publisher
……

公開名:            oem3.inf
ドライバー パッケージ プロバイダー:   Prolific
クラス:                     ポート (COM と LPT)
ドライバーの日付とバージョン:   10/17/2017 3.8.18.0
署名者名:               Microsoft Windows Hardware Compatibility Publisher

公開名:            oem4.inf
ドライバー パッケージ プロバイダー:   Prolific
クラス:                     ポート (COM と LPT)
ドライバーの日付とバージョン:   10/07/2011 3.4.25.218
署名者名:               Microsoft Windows Hardware Compatibility Publisher

ってな感じで、oem3.infが、悪の元凶らしいということがわかった。
こいつが悪さするので、消すことにした。

C:\WINDOWS\system32>pnputil.exe -d oem3.inf
Microsoft PnP ユーティリティ

ドライバー パッケージを削除できませんでした : ひとつ以上のデバイスが現在、指定された INF を使用してインストールされてい ます。

C:\WINDOWS\system32>pnputil.exe -d oem3.inf -f
Microsoft PnP ユーティリティ

ドライバー パッケージが正常に削除されました。


消えた。念のため、もう一度秋月v1.5.0ドライバーを入れなおしたところ。。。


完璧!

車載PCに進化したezbook2では起きなかったんだけど、なんだかなぁ。。。。
まあ治ったから、いいや。












PR
ネットでいくら探しても部品としてのキーボードが売っていない。仕方ないので、
自力で修理してみようと思った。

メンブレンのフィルムが断線しているだけなので、場所さえ特定できれば
まあなんとかなるかな?

まず分解



キーボードが筐体にプラスチックを溶かしての溶着されている!
はめ殺しかよ!

つまり、キーボード単体では交換不可で、換えるなら筐体ごと、ということになる。
さすが18000円台のコンピューター。設計がすごい。

しかし、ここで諦めては、キーボードが使えないまま。なんとかしよう。
まず、溶着されているところを、カッターやニッパーで、削ぎ落とす。
エノキダケの頭のところを落とすような感じ。40箇所くらいあるので大変。

さて、落として筐体から剥がれたが、まだメンブレンのフィルムが重なったままで
外れない。こうかな?いや、こうかな?うーん、剥がれない。ギューギュー。
なんて硬てーんだ!?こいつ?ググーーっグっつ?!

フィルムが剥がれたものの、一緒にパターンも切れまくり。。。。

北斗の拳のBGM、 絶望の淵 が頭の中を流れる。赤シャチや黒夜叉は、きっと
こんな気持ちだったんだろう。。。。

あぁ~、思いのほか、寿命短かったな、このPC....
中古より性能が良くて安いPCと思って買ったが、中古にしておけば良かった。。。

ということで、Jumper ezbook2でキーボードが故障した人に告ぐ。
絶対に修理するな。きさまには無理だ。外付けキーボードで我慢しろ。

それでも、どうしても修理したい、という人は、以下を参考に。

①まず、溶着されているエノキの頭のところを落とす。
②キートップをすべて外す
③パンタグラフの構造物をすべて外す

これでメンブレンのフィルムが外れるはず。ものすごく手間がかかるが。。。。















キーボードを修理するためにコンダクターペンでも買おうと秋葉原へ
でかけたついでに、ACアダプターのコネクターをL字にするような
ものを買ってきた。

 

外径3.4mm、内径1.3mm

これより0.1mm違っただけでささらない。非常にシビアな世界だ。


ぼくのだいすきなezbook2
とってもだいじにしてたのに
こわれてでないもじがある
どうしようどうしよう

オー パッキャラマド

ー と = と [ と ’ と F10 と F11 と F12

のもじがでない

フィルムの断線だな。。
さて、どうしよう

1.補修パーツでキーボードを取り寄せ
→売ってない

2.はんだ付け修理
→フィルムが溶ける

3.クリームはんだを使う
→試したけど、クリームはんだって、加熱前は絶縁物なんだよなぁ。

4.電導接着剤を使う
→めちゃ高い。消費期限短いし、18000円台のものに使うの、もったいない。

5.熱線補修材を使う
→4.と変わらない

6.銅テープやアルミ箔を使用
→これか?これなのか?

さて、、、どうしたものか。。。



普通のWiMAXが使えることで重宝しているHWD15ではあるが、WiMAX2+に移行せざるを得なくなる来たる日に備え、W04も使ってあげることにした。で、問題はクレードル。W04のクレードルは高かったので買っていない。まあ、同じファーウェイだし、HWD15のクレードルが使えるかもね?という感覚もあった。

ということで、USB 2.0 MicroB(メス) -> 3.1C(オス)の変換アダプタMB-31Cを買ってきて、人柱になってみた。

さ~て、使えるかな????

。。。。

使えない。残念。。。。。どうやらUSB側のクレードルの規格が違うようで、流用できない。

仕方ないなぁ。。。WiMAX2+時代になっても、HWD15を使い続けるか。。。。
ちょっと遅いけど、まあ気にならない程度だし。。。


カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
最新CM
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
[06/02 あんちゃん]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]