(仮)釣りと電子工作 周辺機器 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[1] [2]
首都高湾岸線のModがあるぞ、ということで、rFactor用を探して
みたが見つからない。で、Assetto Corsa用のが見つかったので、
この際ということで、Assetto Corsaを買ってみた。steamで
2980円ぐらいだったかな?rFactorよりちと高い。

でも、完成度がぜんぜん違う。rFactorは初期状態のセッティング
がムチャクチャで、G27付けても違和感ありまくりでまともに
走れない(首都高C1走ると壁に激突しまくる)し、フォース
フィードバックも、ひたすら重くてガタガタするだけで、
路面の感覚とかまったく無い。いろいろプラグイン入れて、
ようやくなんとかマシになったなぁ、という感じだった。

Assetto Corsaは初期状態からしてセッティングが秀逸。普通に何の
違和感もなく走れて、セルフステアも自然な感じ。これなら初めから
rFactorやめて、Assetto Corsaにしておけばよかったかな???

rFactorのほうがModのコース(トラック)数が多いよなぁ、と
思ったけど、有名どころはAssetto Corsa用も用意されていた。

どこにおいてあるかの備忘メモを残しておく。

ASSETTO CORSA.CLUB
http://assettocorsa.club/en/
まずはここ探せ、って感じのページ。大体はここで揃う。

AC Mods
http://acmods.net/
日光などここにしかないものもあるが、このサイトは基本お勧め
できない。
ダミーで実際はダウンロードできない(詐欺サイトに飛ばされる)
ものが多い。1回だけ成功したが、あとは全部、このPCは感染して
いる(ピーピーうるさい)からここに電話しろ的なサイトにつながった。

Bleu Bite Drift Club
http://spe6men-drift.forumactif.org/
ここでassetto corsaで検索すれば、レアなトラックが見つかるかも。
日光もここで見つけた。
















PR
debian化に必要なもの

①.Linuxが稼動、かつインターネットにも接続できるマシン

  既にdebian化したlinkstationやraspberry piでも可
  partedコマンドが使える必要あり。無ければ追加しておく。
  ext4を使うので古いLinuxだと駄目かも。

②.USB-SATA変換機

  旧式のは不可。2年以上前のものは4Kセクターに対応していないので買い換えるべし。
  俺は、2BAY外付型 Duplicator ハードディスクケース【LHR-2BDPU3】を買ったが、これはなかなかいい。コピーもできるし、ケースにもなるし、USB-SATA変換機にもなる。

それでは、作り方。

1.ハードディスクをls-xhlより取り外して、USB-SATA変換機を使用してLinuxマシンに接続する。

2.parted -l で、USBハードディスクがどのデバイスにアサインされているか確認する。

  raspberry piだと/dev/sdaだが、一般的なPCだと/dev/sdbになるかと。

3.下記のようなスクリプトを作成して、実行する。尚、冒頭部は環境にあわせて変更すること。DISKの設定を誤るとOSを消す恐れがあるので、注意。wgetのところをコメントアウトしているが、初回実行時はコメントを外す。2回目からはダウンロード済みのファイルを使えばいい。SIZEはディスク容量より若干小さめがいいかも。ぎりぎりだとエラーが出るかも。

#!/bin/bash

DISK=/dev/sdb
SIZE=1800G
IPADDR=192.168.100.204
NETWORK=192.168.100.0
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.100.255
GATEWAY=192.168.100.1


umount /a/boot 2> /dev/null
umount /a 2> /dev/null

mkdir -p /a

parted ${DISK} print

parted ${DISK} mklabel gpt
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 0 511
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 511 8191
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 8191 9215
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 9215 ${SIZE}
parted ${DISK} set 1 boot on


mke2fs -I 128 -j ${DISK}1
mke2fs -j -t ext4 ${DISK}2
mkswap ${DISK}3
mke2fs -j -t ext4 ${DISK}4

mount ${DISK}2 /a
mkdir /a/boot
mount ${DISK}1 /a/boot

#wget http://neboola.de/fjen/lschlv2/debian/wheezy/debian_wheezy_rootfs_lschlv2-lsxhl_20130515.tar.xz

tar Jxvf debian_wheezy_rootfs_lschlv2-lsxhl_20130515.tar.xz -C /a

#wget http://neboola.de/fjen/lschlv2/debian/wheezy/lsxhl-kernel-for-20130515/uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl

cp uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl /a/boot
cd /a/boot


cd /a/boot
mv uImage.buffalo uImage.buffalo.bk
ln -s uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl uImage.buffalo


echo "nameserver 8.8.8.8" > /etc/resolv.conf
echo "nameserver 8.8.4.4" >> /etc/resolv.conf


cat <<EOF > /a/etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth1
iface eth1 inet static
address $IPADDR
netmask $NETMASK
network $NETWORK
broadcast $BROADCAST
gateway $GATEWAY
EOF


cat <<EOF > /a/etc/fstab
# <fs>          <mountpoint>  <type>   <opts>                 <dump/pass>
/dev/sda1       /boot         ext4     noauto,noatime         1 2
/dev/sda2       /             ext3     noatime                0 1
/dev/sda3       none          swap     sw                     0 0
/dev/sda4       /mnt          ext4     noatime                0 0
proc            /proc         proc     defaults               0 0
shm             /dev/shm      tmpfs    nodev,nosuid,noexec    0 0
devpts          /dev/pts      devpts   gid=4,mode=620         0 0
#tmpfs           /tmp          tmpfs    defaults               0 0
sysfs           /sys          sysfs    defaults               0 0
EOF


cd /a/etc/udev/rules.d
rm -f 70-persistent-net.rules
rm -f 75-persistent-net-generator.rules
echo "# " > 75-persistent-net-generator.rules




-------------------------------
ここまで。最後の4行の処理は、Linkstationでは必須と思う。ls-xhlが故障したときなど、ディスクを別のls-xhlに移し変えたときに、ネットワークを使えないようにするという意地悪な設定がデフォルトだったりする。コンソールの使えないls-xhl環境では必ず無効化しなければいけない。これを忘れている人が多いように思う。

問題なさそうなら、

umount /a/boot
umount /a

して、ディスクを外して完成。思ったより、簡単かも??








subversionをLinkstationに入れようと思った。すでにdebian化してあったので、aptitudeコマンドで簡単に入ると思ったが、lennyだったため、なかなかうまくいかない。けっこう頑張ったところ、OSが起動しなくなった。。。。なんだかなぁ。。。。

ということで、これを機にlennyからwheezyにすることにした。ついでにハードディスクもリニューアルと。で、こういうちょい古の機種は、ちょっと古い設計の512バイトセクターハードディスクを選ぶのが定石だが、新しいディスクは静かで故障しないらしいので、潔く4Kバイトセクターのハードディスクを選んだ。しかし、思ったより苦戦した。下記は、その備忘録。尚、このページの手順は、512バイトセクターのハードディスクを使用する場合には不要である。あくまで「4Kバイトセクターのハードディスクを使う」かつ「古いファームウェアを使用している場合」に限定。

---------------------------------------------

・まずは、純正ファームの最新版をインストールする。何のためか?というと、Linkstation内蔵のフラッシュメモリーを4Kセクター対応にバージョンアップしないと、ブートできないかもしれないから。このためのもっとも簡単な方法が、最新(1.69など)ファームウェアに入れ替える、じゃないかと。入れ替えるついでに、きっとフラッシュメモリーも更新してくれるはず、と思う。関係ないかもしれないが、とりあえずやっとく。

・で、いきなり1.69にあげようとすると失敗することがあるので、一旦1.24くらいにバージョンアップする。以前バージョンアップしたことがあれば、いきなり1.69でも問題ないだろう。



■EM(エマージェンシーモード)編
 ★空のハードディスクを買ってきて、ls-xhlに入れたあと、PCから192.168.11.150(またはDHCPで取得したアドレス)までpingを通すのが、本編の目的。

・ハードディスクを交換する。無用なトラブルを避けるため、パーティションが残っていれば事前に確実に消しておく。ちなみにフロントにあるボタンスイッチであるが、 ハードディスクを交換するときに30%の確率で破壊される(ツメは95%の確率で破壊される)。ボタンに「プチ感」がなくなっていたら確実に壊れている。その場合は精密ピンセットなどで基板のスイッチ部を挟むなどで代用するしかない。

・TFTPサーバをインストール
64bit環境ならTftpd64がいいかも。DHCPサーバも入っているし。ネットで検索して一番に引っかかった別のものだとうまくいかなかった。

・PCのLAN側のIPアドレスを192.168.11.1 / 255.255.255.0に設定し、TFTPサーバを起動

・DHCPサーバの設定
  tftpd64にはDHCPサーバ機能が付いていたりするので、これを使うことにした。
 192.168.11.230~払い出し、とした。

・TFTPサーバの設定
 ベースディレクトリを C:\tftp にした。

・TFTPブート用イメージの準備
 下記2ファイルをC:\tftpにコピーする。
 initrd.buffalo
 uImage.buffalo
 ちなみにこの2ファイルはBUFFALOのホームページからダウンロードした最新のls-xhl用ファームウェア(ls_series-169.exeでよかったと思う)を無理やり解凍して入手。パスワードがかかっているが、ネットで調べればすぐわかるだろう。

・TFTPサーバのログを開いておく。ls-xhlがEMモードで起動する前に、かならずアクセスがあるので、それを確認するため。逆にアクセスが無い場合は、EMモードでの起動に失敗している。

・ls-xhlをPCとLANケーブル直結して電源を入れる。ここからが難しい。TFTPサーバにアクセスログが出るまで下記のような試行錯誤を繰り返す。ボタンが認識されたかどうかはLEDの色や点滅間隔が変わるので確認できる。変わらないのであれば、やはりボタンが壊れているので、ピンセットで頑張る。

  フロント側にあるボタンを押した状態で電源を入れる
  電源を入れてしばらくボタンを押す
  ボタンを押し続ける時間を長くしたり短くしたり調整する
  青点滅から赤点滅に変わった直後にボタンを押す

・Tftpdのアクセスログを見ると、uImage.buffaloとinitrd.buffaloを取りに来ていることが確認できるはず(できなければEMモードじゃない)。$kernelや$initrdを取りに来ていたら、ちょっとボタンを押すタイミングを間違っているような気がする。ひょっとしたらuImage.buffaloを$kernelに、initrd.buffaloを$initrdにコピーしたらうまくいくのかもしれない。試してはみたが、これ以外にもいろいろ試したので、このコピーの効果があったかどうかは定かではない。
  
・ls-xhlは192.168.11.150のIPで起動するが、DHCPサーバが起動していれば192.168.11.230などで起動する(ログに記録されるはず)。PCからpingを打ってみる。通らなければ、だめかもしれない。

 ★EM編、ここまで


■1.24バージョンアップ編

・ファームウェアアップデートモジュールをインストールする。バッファローのホームページからダウンロードしたlsxh-124.exeを実行して展開し、その中にあるLSUpdater.exeを実行する。うまくいけば、ls-xhlが見つかるはず。

・ファームウェア更新 ボタンを押す。20分ほどで更新完了。勝手に再起動したあと、『LS-XHLの起動完了を待ってます。しばらくお待ちください。』と表示される。3時間ほど経つと『確認できませんでした。もう一度やりますか?』みたいなメッセージが出るが、やるわけねーだろ。というか3時間待つの、無駄じゃね?と思う。どれくらい待てばいいのかわからないが、かつやのカツ丼梅+トン汁大でも食べて、必勝祈願をしてから電源を落とす。かつやに行くと竹や松を頼んでいる人をみかけるが、きっと、「リッチな俺は余裕で竹だぜ」とか思っているんだろう。俺にしてみれば、あんなの初心者丸出しである。上級者は黙って梅。あれ?なんの話だっけ。。。

・さーて、アップデート完了、と思って起動するが、つながらない。DHCPサーバにIPアドレスを取りに来ない。でも、かつやに行った俺はツイてるはずなので、なんとかする。

・再度EMモードへ移行するときと同じ操作をする。次のことを試す。どうもハードディスクにファームが既に入っていると、EMモードではなく通常モードで起動することもある模様。

  フロント側にあるボタンを押した状態で電源を入れる
  電源を入れてしばらくボタンを押す
  ボタンを押し続ける時間を長くしたり短くしたり調整する
  青点滅から赤点滅に変わった直後にボタンを押す

・ping 192.168.11.230(DHCPで払い出したアドレス)で応答があることを確認する。

・http://192.168.11.230(DHCPで払い出したアドレス)で管理画面にログインする。あ、ちなみに初期アカウントは admin / password なんでよろしく。

・画面から再起動を指示する。

・ボタンとかを押さなくても、TFTPサーバとか意識せずとも起動する、はず。この処理のどこかでLinkstation内のフラッシュメモリーの書換えが行われているはずだが、よくわからんです。


■1.69バージョンアップ編

・1.24のときと同じ方法でできるかもしれない。ディスクを消去しないとEMモードへの移行が難しいかもしれない。そのままでもできるかもしれないが、LSUpdater.iniの次の2項目は0にしたほうがいいかもしれない。
[Flags]
VersionCheck = 1
NoFormatting = 1

・試していないが、Web画面にのシステムーメンテナンスにファームウェア アップデートってのがあるので、これ使えば1.69にまで上げられるのかもしれない。これでできるなら、この方法が一番楽。






あ~、つかれた。debianのインストールとか言いながら、debianのことまったく書いていない。debianのインストールは後日。


























2009年末より使い続けていた芋場からWiMAXに乗り換えた。芋が遅かったというのもあるけど、それより回線がぶちぶち切れまくりで不安定で困っていた。切れないときはまったく切れないのだが、切れるときは2~3分毎に切れる。切れたときは自動的に再接続できず、接続端末をいちいち手動で再起動しなければいけない。いや、切れるときは、接続端末が落ちて再起動しているのだが、電池がプカプカするような画面が表示されてちゃんと起動しない。一旦ケーブルを抜いて起動して、立ち上がったらつなぎなおす、そんな感じ。こんなのみんなよく使ってられるなぁ。。。。とはいえ、俺も1年半、我慢してきたんだが。。。

ということで、WiMAXと契約。いまのところ快調。大都会の相模原市にもかかわらずアンテナ2本しか立たないけど速度の1.5Mbpsくらい出るし。

ということで、芋は解約決定。ついでにAUのISフラットも解約しよっと。
4コア8スレッドCPUで、メモリー8GBといえば、サーバとしても遜色のないスペックではないか。ということで、ESXiが動くか試してみた。

1.インストール用CD-ROMのブート

途中まではいい感じで起動していくのだが。。。ハング!だめ!

2.USBメモリーに直接イメージを書き込んでUSBブート

インストール用CD-ROMにはddで書き込むためのイメージが入っている。これを、DD for WindowsでUSBメモリーに書き込んでブート。

さて。。。お、うまく起動した!やった!

と思ったが、残念ながらNICを認識していない。。。使えない。。。

そんなときは、このリスト↓

http://www.vm-help.com//esx40i/esx40_whitebox_HCL.php#NICs

さて、このマウスPCのNICがあるかどうか。。。。。

マウスPCのNICって、蟹かなんかだよなぁ。。。って違う!
JMicron PCI Express Gigabit Ethernet Adapter ???
JMC250らしい。なんだこれ、こんなの聞いたことないぞ ???

で、当然のように上のリストに載っていない。ちゅうことで、当分は駄目だろうなぁ。

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
リンク
最新CM
[03/12 NONAME]
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]