(仮)釣りと電子工作 ls-xhlに4Kセクタのディスクを付けてdebian wheezyをインストールする方法(つづき) 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370]
debian化に必要なもの

①.Linuxが稼動、かつインターネットにも接続できるマシン

  既にdebian化したlinkstationやraspberry piでも可
  partedコマンドが使える必要あり。無ければ追加しておく。
  ext4を使うので古いLinuxだと駄目かも。

②.USB-SATA変換機

  旧式のは不可。2年以上前のものは4Kセクターに対応していないので買い換えるべし。
  俺は、2BAY外付型 Duplicator ハードディスクケース【LHR-2BDPU3】を買ったが、これはなかなかいい。コピーもできるし、ケースにもなるし、USB-SATA変換機にもなる。

それでは、作り方。

1.ハードディスクをls-xhlより取り外して、USB-SATA変換機を使用してLinuxマシンに接続する。

2.parted -l で、USBハードディスクがどのデバイスにアサインされているか確認する。

  raspberry piだと/dev/sdaだが、一般的なPCだと/dev/sdbになるかと。

3.下記のようなスクリプトを作成して、実行する。尚、冒頭部は環境にあわせて変更すること。DISKの設定を誤るとOSを消す恐れがあるので、注意。wgetのところをコメントアウトしているが、初回実行時はコメントを外す。2回目からはダウンロード済みのファイルを使えばいい。SIZEはディスク容量より若干小さめがいいかも。ぎりぎりだとエラーが出るかも。

#!/bin/bash

DISK=/dev/sdb
SIZE=1800G
IPADDR=192.168.100.204
NETWORK=192.168.100.0
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.100.255
GATEWAY=192.168.100.1


umount /a/boot 2> /dev/null
umount /a 2> /dev/null

mkdir -p /a

parted ${DISK} print

parted ${DISK} mklabel gpt
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 0 511
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 511 8191
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 8191 9215
parted -a cylinder ${DISK} mkpart primary 9215 ${SIZE}
parted ${DISK} set 1 boot on


mke2fs -I 128 -j ${DISK}1
mke2fs -j -t ext4 ${DISK}2
mkswap ${DISK}3
mke2fs -j -t ext4 ${DISK}4

mount ${DISK}2 /a
mkdir /a/boot
mount ${DISK}1 /a/boot

#wget http://neboola.de/fjen/lschlv2/debian/wheezy/debian_wheezy_rootfs_lschlv2-lsxhl_20130515.tar.xz

tar Jxvf debian_wheezy_rootfs_lschlv2-lsxhl_20130515.tar.xz -C /a

#wget http://neboola.de/fjen/lschlv2/debian/wheezy/lsxhl-kernel-for-20130515/uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl

cp uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl /a/boot
cd /a/boot


cd /a/boot
mv uImage.buffalo uImage.buffalo.bk
ln -s uImage.buffalo.3.9.2-fjen-1.lsxhl uImage.buffalo


echo "nameserver 8.8.8.8" > /etc/resolv.conf
echo "nameserver 8.8.4.4" >> /etc/resolv.conf


cat <<EOF > /a/etc/network/interfaces
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

auto eth1
iface eth1 inet static
address $IPADDR
netmask $NETMASK
network $NETWORK
broadcast $BROADCAST
gateway $GATEWAY
EOF


cat <<EOF > /a/etc/fstab
# <fs>          <mountpoint>  <type>   <opts>                 <dump/pass>
/dev/sda1       /boot         ext4     noauto,noatime         1 2
/dev/sda2       /             ext3     noatime                0 1
/dev/sda3       none          swap     sw                     0 0
/dev/sda4       /mnt          ext4     noatime                0 0
proc            /proc         proc     defaults               0 0
shm             /dev/shm      tmpfs    nodev,nosuid,noexec    0 0
devpts          /dev/pts      devpts   gid=4,mode=620         0 0
#tmpfs           /tmp          tmpfs    defaults               0 0
sysfs           /sys          sysfs    defaults               0 0
EOF


cd /a/etc/udev/rules.d
rm -f 70-persistent-net.rules
rm -f 75-persistent-net-generator.rules
echo "# " > 75-persistent-net-generator.rules




-------------------------------
ここまで。最後の4行の処理は、Linkstationでは必須と思う。ls-xhlが故障したときなど、ディスクを別のls-xhlに移し変えたときに、ネットワークを使えないようにするという意地悪な設定がデフォルトだったりする。コンソールの使えないls-xhl環境では必ず無効化しなければいけない。これを忘れている人が多いように思う。

問題なさそうなら、

umount /a/boot
umount /a

して、ディスクを外して完成。思ったより、簡単かも??








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
最新CM
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
[06/02 あんちゃん]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]