(仮)釣りと電子工作 pickit2がハングしなくなった 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
どうやらpickit2からの5V給電に問題があるっぽい気がする。
PIC18F4550のVCCに5Vを直接与えて書き込めばハングしにくくなった。。。でも面倒だよ。。。
→(後日追記)pickit2ライターのプログラムを最新にしたらハングしなくなりました。

ということで、「仮称:Thinkpad X22キーボードをUSBキーボードに変えるよ君」を作ろうと
成人の日にがんばってみた。

要件をまとめると

1.USB keyboard機能だけでなくUSB mouseの機能も必要
2.トラックポイントの出力をUSB mouse出力する
3.キーマトリックスを読み取って、USB keyboard出力する。
4.USB mouseとUSB keyboardは1つのUSBポートへちゃんぽん出力する。

で、これをどう実現していくかだけど、

1.Microchip MCHPFSUSB Framework にサンプルがあるので、それを使えば簡単。ためしてみたけど、コンパイルしてPICに書き込んで、即キーボードとして動作した。(マウスのサンプルは未確認だが同じだろう)

2.最近(でもないか)のThinkpadキーボードのTrackpointはPhilips TPM754A(Microcontroller with TrackPoint microcode from IBM)というコントローラでアナログ抵抗値(というか電圧)を読み取っている。で、こいつはPS/2出力する。PCのPS/2ポートと直結(要プルアップ抵抗)すれば、マウスとして動く。これをUSBにするためには、PS/2のホスト機能が必要。デバイス側はいくらでも作ったけど、ホスト側はつくったことない。でもまあ、簡単だろう。

3.簡単。これ以上いうことなし。すぐできる。

4.こういうのをcomposite deviceというらしい。これってPIC18で簡単に実装できそうに見えるけど、じつはできないのだ。なぜか?それは、Microchip MCHPFSUSB Frameworkがkeyboardとmouseのcomposite出力に対応していないからだ。

これをどうしても実現したければ、それはもう力技しかない。USBフレームワークを自分で作るしなないのだ。

USBプロトコル超初心者の俺に作れるわけがない。ということで、だれか作っていないか探してみた。


あった。


http://forum.microchip.com/tm.aspx?m=346640&mpage=2
RE: HID boot-keyboard & mouse on same device?

ものすごく面倒だけど、フレームワークを手作りする方法が書いてある。

内容はまったく理解できないが、とりあえず書いてあるとおりやってみた。


さて、動け・・・。。。。


ぜんぜん動かん!


おれがUSBフレームワークを理解できるようになるか、だれかがこれに対応したUSBフレームワークを公開するまでペンディング。

「仮称:Thinkpad X22キーボードをPS/2キーボードに変えるよ君」に計画変更しようかな。。。
これならとっても安いPIC16F887で済むし。
でも、マウスとキーボードでケーブルが2本出るのはちょっとかっこ悪いなあ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
リンク
最新CM
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
[06/02 あんちゃん]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]