(仮)釣りと電子工作 がらくた 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
CIMG0145.JPGCIMG0146.JPGCIMG0147.JPG






フライトシミュレータといえば、キャリーラボ。キャリーラボといえば、JELDA。当時、3Dゼビウスと呼ばれていた。ワイヤーフレームだけど、ソルみたいなものとか歩く基地とか、かなりすごい、と思った。飛行物体も破壊するとバラバラに砕けていった。当時最強のフライトシミュレータだった、TANAKAのフライトシミュレータと同じ!

で、もう紹介できる新しい(くはないか)ソフトを持ってないので、次以降(今回も、か?)は古いものを紹介してみる。
PR
CIMG0132.JPG






これも、10年前のソフトになるのか。。。。。着陸が非常に難しく、こんなんだったら、空の旅は命がいくつあっても足りない。計器着陸なんて、10回中9回は失敗する。絵はそこそこきれいだけど、重い。個人的にはSGIのIRISにオマケで付いていたフライトシミュレータのほうが好き。
CIMG0137.JPG






遊びながらタイピングも速くなる、一石二鳥なゲーム。普通のゲームなら、ある程度慣れてくれば先に進めるようになるけど、これはいつまで経っても先に進めなかった。タイピングのスピードというのは、そうやすやすと速くなるものではないようだ。
CIMG0131.JPG






フォースフィードバック対応初期のドライビングゲーム。フォースフィードバックに過度の期待をしてはいけない、ということがわかった。路面の状況が伝わるようなものではなかった。

車をぶつけていると、ブルブル震えだすので、マッサージには最適。
CIMG0129.JPG






VB4。Windows3.1のアプリを作れる最後のVBかな?Win95とほぼ同時発売だったと思う(ちょっと遅れたか?)。Quick C for windowsでは画面1枚作るだけでも面倒だったけど、これなら簡単。ざべの「BASIC復活」とかの特集にのせられて買ったけど、ほとんど活用せず。もったいない!
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新CM
[03/12 NONAME]
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]