(仮)釣りと電子工作 がらくた その③① 忍者ブログ
趣味の電子工作と釣りについて。電子工作は、おもに変換器作成。釣りはおもにトラウトの管釣り。
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CIMG0141.JPGCIMG0143.JPGCIMG0144.JPG






ご存知!ドア・ドアです。ちょっと遊んだぐらいじゃ、たいしたことないゲームと思ってしまうのですが、やりこむと、けっこう面白い。

単にモンスターをドアに順番に閉じ込めていく、というのではなく、ジャンプしたり半ドアを使ったりして、モンスターを1箇所に集め、全員を1つのドアに閉じ込めて高得点をとるゲームである。ゲームバランスもすばらしく、簡単ではないが、やりこむほど高得点が取れる。

しかし、昨日のジェルダといい、なんか変なシール(SOFTPAL)が張ってあるのを見て、昔を思い出した。

これは、確か当時日本橋の池友ビルの3階(4階かも?)にあったソフパルというソフトレンタル屋で買った。このソフパルという会社は、ソフトレンタル以外にEXPERTシリーズというかなり強力なディスクコピーツールを開発していて、ソフトを貸してくれるうえ、コピー対策も万全、という至れり尽くせりの店だった。コピーするための空テープや空フロッピーも安く売っていて、MSX用2DDフロッピー(超高品質日立マクセル2Dフロッピーを2DDフォーマット!)はいつもここで買っていた。

日本橋でソフトレンタル屋というと、ソフパルではなく、ちょっと名前の似ているソフマップのほうが有名。ソフマップはハンドピックというディスクコピーツールを自社ブランドで開発していたが、俺が日本橋に行きだした頃にはソフトレンタルを止めて、擬似ソフトレンタルに移行していた。擬似ソフトレンタルとは、基本的には中古販売の形態をとるのだが、販売後1週間以内に売れば元値の8割程度で買い取ってくれる、というシステム。
その後、ソフマップは擬似レンタルも止めて、PCハード・ソフト販売といった、どうでもいいようなことをやりはじめた。

ソフパルとソフマップは、初期は似たような業態をとっていて、店の雰囲気も似ていたが、ソフパルの方は業態を変えずに、かなり長期にわたって(80年代後半まで)ソフトレンタルを続けていた。貸してくれるソフトも充実していて、MSX-Cなんて置いてるのは、たぶん日本中でもここくらいかなと思った。(もちろん借りてピーコした)

でも、時代がソフトレンタル屋の存在を許さない雰囲気になってきて(というか、当時とっくになっていたが)、ソフパルも廃業を決めたようで、レンタルしていたソフトの格安販売を始めた。そのときに手に入れた(いわゆるレンタル落ち)のが、これらのソフトである。

ソフパルも、ソフマップのように業態を変えていれば、もうすこし長生きできたんだろうなぁ。。。。

あと、ソフパルでソフトを借りると、同じビルの2階(1階だったかも)にあるメジャーという喫茶店のコーヒー券が貰えた。コーヒー券、結構たまっていたんだけど、薄暗くて近寄りがたい雰囲気があって、一度も行かなかった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ソフパルとは懐かしい
古い投稿にいまさらだけど…
ソフパルは業態を変えて今もありますよ。
エキスパートの開発メンバーが残ってるかどうかまでは知りようがないですが。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%91%E3%83%AB
tetsu8 2016/12/11(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新CM
[07/09 こいち]
[07/07 こいち]
[07/05 NONAME]
[07/04 NONAME]
[06/02 あんちゃん]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © (仮)釣りと電子工作 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]